同じピストン機なら、安いのと高いのはどう違うのか

 

電動オナホールのピストン機と言っても現在様々な種類の物が販売されており、値段はピンからキリまであります。

 

 

ただ、その中でも2018年に販売されたピストン機A10ピストンSAは値段が40000万円近くと、とてもお手軽に購入できる電動オナホールではありません。

 

 

同じピストン電動オナホールで、過去作のA10ピストンや、ピストンヒートIRなどの1万円前後で買えるものでも満足できるのであれば、そちらでも良いように思えますが、やはり3万円の値段の差には納得できる理由が存在しています。

 

 

今回はそんなA10ピストンSAと、格安のピストン機との明確な違いを詳しく解説してみたいと思います。

 

高級電動オナホールと格安電動ホールの違い

 

まず、明確な違いを簡単にまとめると以下のようになります。

 

  • 専用ホールの質が高い
  • 遅い速度が出せる
  • 静音性が高い
  • 動画連動ができる

 

まずはホールの種類を見てみよう

 

まず、専用ホールについてですが、格安の電動ホールは種類が少ない傾向があります。

 

 

現実に2万円するA10サイクロンSAは10種類以上の専用ホールが発売されています。

 

 

この専用ホールの数の多さは、電動オナホールの人気と比例していて、人気の電動オナホールほど専用のホールがどんどん販売されて次々と新しい専用ホールがデザインされていきます。

 

 

つまり格安の電動オナホールほど買いやすいので、たくさん売れていると思ってしまいがちですが、実は数万円の高級電動オナホールの方が実はたくさん売れているという現実があるということです。

 

違いその2速度の違い!

 

次に高級電動オナホールは“遅い速度が出せる”というメリットがあります。

 

 

格安のピストン機を動かしてみるとわかるのですが、非常に反動が大きく速度が速いものが多いんですね。

 

 

それこそ“強引に荒々しく抜かれる”といった感じで、ネットリとしたリアル感には程遠いと感じる人が多いと思います。

 

 

なぜなら、安めの電動オナホールではゆっくりとした速度を維持しながら止まらずに稼働できるトルクを低コストで得られないからなんですね。

 

 

この速度の問題はリアル感を出すためには欠かせないポイントだと思います。

 

 

現実A10ピストンSAが爆発的に売れているのも、このゆっくりとした動きが可能だからと言っても過言ではないでしょう。

 

 

そのくらい重要な要素ですね。

 

違いその3!静音性の違い

 

そして3つ目の違いは静音性の違いです。

 

 

安めのピストン機というのは、稼働させるととにかくウルサイ!と感じる人が多いと思います。

 

 

それもそのはず、そもそも速いスピードしか出せないのですからその結果音も大きくなってしまうのはしょうがありません。

 

 

しかも安くするために本体自身に防音機能を備える余裕もないというのも理由の1つだと思います。

 

 

自分で使ってみればわかりますが、音が大きいとAVなどの動画に集中できませんし、実家暮らしの人だったら、自宅に一人の時しか使えないというデメリットになってしまいます。

 

 

なので静音性でトップクラスの性能を誇るA10サイクロンSAは非常に人気で20万台以上販売されていますし、数万の金額を出してもいいから!という人が多いので売り切れが続出しています。

 

違いその4!動画連動

 

そして最後の違いとしてもう一つ、これは動画連動ができるかできないか?の違いです

 

 

電動を売りにするからには動画との連動機能は全ての電動オナホールに付属していてほしい機能の1つですが、残念なことにほとんどの電動オナホールにはこの機能は付いていません。

 

 

やはり1番の原因はコストの問題だとは思いますが、リアルさを追求するために電動オナホールを買うのであれば動画連動での快感は体験したいというのが男心!

 

 

多少高くても新体験をしてみたい!という人が多いため、格安電動オナホールよりも、高値のA10サイクロンSA・A10ピストンSAの方が人気が高いのです。

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか。

 

 

やはり数万円する電動オナホールと、1万円以下の電動オナホールでは得られるメリットに大きな差があることがわかっていただけたと思います。

 

 

ただ、今回はピストン式の電動オナホールのみにスポットし解説しましたが、回転式の電動オナホールだとまた違った見方ができ、場合によっては安い方がお得といったパターンもあるので、リアルさを追求したピストン式で検討したい人は、今回の記事を参考にしてみてください。

 

A10ピストンSAの解説ページはコチラ

TOPへ